セフレに処女を捧げてしまいたい!後悔しないための考え方を紹介

マナ

はじめまして!アプリで1つ上の彼氏をゲットし、平凡な幸せを謳歌中。アラサーのマナです!

「セフレに処女を捧げるのはどうなの?」
「セフレに処女を捧げてしまいたいけど後悔しない?」

そんな女性の悩みに対して、後悔しないようにはどうしたらいいのかを説明していきます。

このページを読めば後悔しない選択ができますよ。ぜひ最後までお付き合いください。

この人なら後悔しないと思える人に処女を捧げよう!

結論からいうと、セフレ相手が本当に処女を捧げるのに相応しい相手なのか、「この人だったら後悔しない」と思えるかを考えましょう。

セフレに処女を捧げたことを後悔している人は多いです。ネットにも「勢いで初体験を済ませてしまい、本当は彼女になりたいのにセフレ関係をずっとこじらせてしまっている」といったり「そのセフレにすぐ捨てられて辛い」といった声が見られました。

処女というのは、あなたがこれまで大切に守ってきたものなので「この人に処女をもらってほしい」と思える人に捧ぐようにしましょう。

セフレに処女を捧げた人の声


実際にTwitterでセフレに処女を捧げた人の声を検索してみたところ、悪い意見の方が多かったです。

(1)良かった声・感想

セフレに処女を捧げて良かったという口コミは以下の通りです。

「処女を捧げることで安心できた」「あの人だったから後悔はない」という口コミが多かったです。

(2)悪かった声・感想

セフレに処女を捧げて後悔したという口コミは以下の通りです。

「逃げられた」「後悔した」という口コミが多かったです。

セフレで処女喪失するメリット


上記の良かった声・感想をまとめると、セフレで処女喪失するメリットは処女を捨てられて一安心できることです。長年コンプレックスだった処女という肩書から解放され、自由に恋愛を楽しめるようになる女性もいます。

セフレで処女喪失するデメリット

逆に上記の悪かった声・感想をまとめると、セフレで処女喪失するデメリットは初体験の記憶が一生残ることです。自分のことを大切にしてくれない嫌な記憶をずっと抱え込んで生きないといけないのが苦しいという女性も多いです。

処女喪失で後悔しないための考え方

このように、セフレに処女をあげることは一長一短ですので、最後は自分の意志で決断しましょう!その時の基準となるのが「その相手なら後悔しないかどうか」です。

セフレ相手のことが好きな人は、「彼女になれないかもしれないけれどこの人に処女をもらってほしい」と思えるなら処女を捧げてても後悔しないですし、「将来性があってもっと大切にしてくれる人に捧げたい」と思うのなら捧げない方が後悔しないです。

セフレ相手に好きという感情がない人は「早く処女を卒業して安心感を得たいからこの人でいいや」と思えるなら処女を捧げても後悔しないですし、「好きな人がいい」と思うのなら捧げない方が後悔はないです。

流れに身を任せるのではなく、最後は自分の意志で決めること大切ですよ。

まとめ:後悔しない人だと思うなら処女を捨ててもOK!

以上、セフレに処女を捧げても良いのかを説明してきました。

処女は女性にとってとても大事なものだと思います。あなたの価値が処女で決まるわけではないので、相当悩んでいない限りは慎重に考えてみてください。

「この人に私の処女をもらって欲しい!」と思えるような相手を見つけて、後悔しない選択をしてくださいね!