パイロットと出会う方法3選!パイロットの望む女性像や結婚するメリット・デメリットを紹介

かっこいい職業の代表である「パイロット」。

そんなかっこいいパイロットと付き合えたらいいなと憧れる人は、あなただけではありません。

「憧れのパイロットと結婚したい!」
「パイロットと出会うにはどうしたらいいんだろう」

パイロットと出会いたいあなたの疑問に答えます。

マナ

はじめまして!アプリで1つ上の彼氏をゲットし、平凡な幸せを謳歌中。アラサーのマナです!

このページではパイロットと出会う方法や、パイロットの望む女性像、結婚するメリット・デメリットを紹介します。

ぜひ最後まで読んで、素敵なパイロット夫をゲットしてください!

パイロットってどんな人?

パイロットといっても様々な職種があります。その職種によって働いている環境や給料などに違いがあります。

  • エアラインパイロット
  • 自衛隊のパイロット
  • ジェネラルアビエーション

恋活・婚活市場では「航空会社に勤務している航空操縦士=エアラインパイロット」のことを指していることが多いです。

マナ

このページではエアラインパイロットに焦点を当てて紹介します!

パイロットは女性に困らない

パイロットは女性に困ることがなく、努力せずとも女性と遊べます。

様々な理由がありますが、一部を紹介します。

  • 航空会社は女性社会で、パイロットはハーレム状態で仕事をしている。
  • 仕事の度にCAの顔ぶれが変わる為、いろんな女性と出会う機会がある。
  • モテる職業だから、女性から集まってくる。

大きい飛行機ですと、パイロットが3人に対しCAが20人でフライトとかもあります。

フライト先でパイロット・CAで食事とかもありますので、CAだらけのハーレム食事会なんかも開かれます。

CAも女性人気の高いパイロットのことを狙っているので、食事の後に飲み直しを口実に二人きりになろうと誘ったりもします。

このようにパイロットはいろんな女性から誘われることが多いので、自分から口説く必要がなく、いつでも遊べるという環境が整っています。

パイロットと出会える可能性は0じゃない

女性人気が高い上に、CAという強大なライバルがいるパイロットですが、出会いを求めていないわけではありません!

遊ぶだけの女性なら何もしなくても集まってきます。しかし、人生のパートナーを選ぶとなるとパイロットは慎重に女性を選ぶようになります。

なので、出会いの場に出てきているパイロットは結婚を前提にした付き合いを考えていることが多いです。

付き合い方さえ知っていれば、パイロットと付き合える可能性が大いにあります。

パイロットと出会うおすすめの方法3選

パイロットと出会うおすすめの方法は3つあります。

パイロットと出会うおすすめの方法3選
  1. マッチングアプリ
  2. 結婚相談所
  3. 街コン

それぞれ詳しく説明します。

最後には番外編もちょっと紹介しますね。

(1)マッチングアプリ

1つめのパイロットと出会うおすすめの方法はマッチングアプリです。

航空業界以外の女性がパイロットを指定して男性を探せるのはマッチングアプリだけです。

手軽さやコスパを考えてもマッチングアプリは非常におすすめです。

パイロットと出会うおすすめのマッチングアプリを3つ紹介します。

パイロットと出会えるマッチングアプリ3選
  1. Pairs(ペアーズ)
  2. Omiai(オミアイ)
  3. with(ウィズ)

どれも大手のマッチングアプリなので試してみる価値はあります。

今紹介したアプリや他のアプリの詳細・口コミをこちらのページで紹介していますので、ぜひ読んでみてください!
女性におすすめの出会い系アプリを紹介!実際に使っていた人のリアルな声をお届けします

実際にPairsを使ってパイロットを探してみよう

おすすめマッチングアプリ|Pairs(ペアーズ)の公式サイトトップ
ペアーズの概要
運営会社 株式会社エウレカ
累計会員数 約1,000万人
男性料金 月額3,590円
女性料金 無料
支払い方法 App Store・Google Play・クレジットカード決済

Pairsで検索条件の職種を「パイロット」に設定して検索します。

検索結果を見ると、なんと1,000人以上ものパイロットがヒットしました!
↓ ↓ ↓

見つかったパイロットを見てみると、田中圭似の優イケメンや三代目JSB系のワイルドイケメン、中にはイケメン外国人パイロットもいました。

マナ

これだけパイロットがいると好みの男性を見つけるのに苦労しませんね。

(2)結婚相談所

2つめのパイロットと出会うおすすめの方法は結婚相談所です。

結婚相談所の強みは、コンシェルジュがあなたの希望にマッチした男性を紹介してくれることです。

結婚相談所は独身証明が必要なので、結婚願望が高い男性と出会えます。

男性の職業をパイロットや医師などに限定している結婚相談所や、登録者数が多い大手の結婚相談所であれば、パイロットと出会える確率がぐんと高くなります。

マナ

スピード感高めでパイロット婚活したい人には結婚相談所がおすすめです。

(3)街コン

3つめのパイロットと出会うおすすめの方法は街コンです。

街コンは全国各地で開催されているので、お住まいの近くで男性を探すにはもってこいです。

男性パイロット限定、もしくはパイロットなどハイスペック男性限定の街コンも開催されています。

パイロットが参加する街コンでうまくいけば、パイロットとその日のうちにイイ感じになれますよ。

マナ

ただし、そういったハイスペ男限定の街コンは開催されること自体が稀だったりするので、見つけ次第どんどん参加しましょう。

番外編:パイロットが出没する場所で声を掛ける

「なりふり構ってられない!」と覚悟を決めている人なら、パイロットが出没する場所で声をかけるのもアリです。

例えば、パイロットはこんな場所に出没しますよ。

  • パイロットのステイ先のホテルやレストラン
  • 空港
  • 訓練所

他にも、パイロットと関わる仕事に就くのも方法の1つです。

  • CAになる
  • グランドスタッフとして空港で働く
  • パイロットが宿泊するホテルで働く

行動力がある人なら、このようにパイロットに直接アプローチをするのもいいでしょう。

マナ

しかし、ここまでしなくてもマッチングアプリや結婚相談所を利用する方が確実にパイロットに出会えますよ。

パイロットが望む女性像3つ

パイロットと出会ってもお付き合いに発展しなければ残念ですよね。

ここで、パイロットが望む女性像を3つ紹介します。

パイロットが望む女性像3つ
  1. 仕事への理解を示してくれる
  2. 束縛しない、詮索しない
  3. 家庭的で安心感がある

それぞれ詳しく説明します。

(1)仕事への理解を示してくれる

1つ目のパイロットが望む女性像は仕事への理解を示してくれる人です。

パイロットは不規則な仕事ですし、突然スケジュールが乱れることもあります。

  • 突然スケジュールが変わり、ドタキャンされることがある
  • 頻繁に家を開ける
  • 土日が休みじゃなく、夏休みも正月休みもない
  • フライトがなくても、試験勉強をしなければならない

以上のようにパイロットは不規則かつ多忙です。

ですから、このようなパイロットのライフスタイルを理解し、柔軟に対応できる女性をパイロットは望んでいます。

(2)束縛しない、詮索しない

2つ目のパイロットが望む女性像は束縛しない、詮索しない人です。

パイロットは仕事柄女性と接する機会が多く、女性との関わりを制限することは不可能です。

パイロットのステイ先で彼が誰と何をしているか、オフの日にどこで誰と会っているかなど、全てを把握することはできません。

逆に、そういった人間関係を詮索すると、パイロットの彼は鬱陶しくなり、あなたから気持ちが離れていきます。

パイロットと付き合うには、パイロットと女性は切り離せないものと納得し、束縛・詮索しないようにすることが大切です。

(3)家庭的で安心感がある

3つ目のパイロットが望む女性像は家庭的で安心感がある人です。

パイロットには家庭に安らぎを求める人が多いです。

というのも、たくさんの乗客の命を預かって空を飛ぶ仕事なだけあり、常に緊張感でいっぱいです。

なので、メンタルをケアしてくれるような朗らかな女性が好みのようです。

また、パイロットは健康を厳しく管理しなければなりません。

なので、健康に配慮した料理ができる家庭的な女性をお嫁さんにしたいと考えているようです。

パイロットと結婚するメリット4つ

憧れのパイロットと結婚することで得られるメリットはなんでしょうか?

パイロットと結婚することで得られるメリットを4つ紹介します。

パイロットと結婚するメリット4つ
  1. 収入が高い
  2. 社会的ステータスが高い
  3. 夫の不在時に自由な時間が増える
  4. 責任感があり、頼れる

それぞれ詳しく説明しますね。

(1)収入が高い

1つ目のパイロットと結婚するメリットは収入が高いことです。

平成29年度のパイロットの平均年収は1192.7万円です。

同年度の日本国民の所得の中央値が442万円なので、パイロットは普通の人よりも約2.7倍も年収が高いことがわかります。
(参考:パイロットの気になる?年収・給料・収入/スタディサプリ

国内大手の機長ともなれば、年収が2,000万円を上回ります。

マナ

こんな高収入なパイロットと結婚できれば豊かな暮らしができること間違いなしですね。

(2)社会的ステータスが高い

2つ目のパイロットと結婚するメリットは社会的ステータスが高いことです。

パイロットと結婚すると、「パイロットの妻」というステータスを手に入れることができます。

パイロットという仕事は、能力はもちろん身体検査も問題なしで突破しなければいけません。

努力すれば誰もがなれるというわけではない、シビアな職業です。

そんな選ばれしハイスペックな男性を人生のパートナーにできれば、あなたのご両親も安心ですし、周りの人から羨望の眼差しで見られること間違いなしです。

(3)夫の不在時に自由な時間が増える

3つ目のパイロットと結婚するメリットは夫の不在時に自由な時間が増えることです。

国際線のパイロットの場合、仕事柄、3〜4日家を開けることが多いです。

夫がいない間は何をしても大丈夫ですよ。

家事を手抜きしてもバレませんし、内緒の趣味を楽しむこともできます。

結婚していても自分だけの時間をたっぷり取れるのは魅力的ですよね。

マナ

実際に、夫が不在の間、だらしない生活をしているパイロット妻もいるようですよ。

(4)責任感があり、頼れる

4つ目のパイロットと結婚するメリットは責任感があり、頼れることです。

パイロットの仕事は、たくさんの乗客の命を預かっているだけあり、非常に責任重大です。

その為、パイロットには責任感が強い人が多いです。

パイロットの夫なら、何か大切なことを決めなければいけない時には冷静に決断するなど、あなたや家族をしっかりと導いてくれます。

マナ

パイロットはとても頼り甲斐があって信頼できる夫になってくれるので、安心して家庭を作れますね。

パイロットと結婚するデメリット3つ

パイロットと結婚すればもちろん大変なこともあります。

そこで、パイロットと結婚するデメリットを3つ紹介します。

パイロットと結婚するデメリット3つ
  1. 家を空けることが多く、すれ違いの生活になりやすい
  2. 健康管理に気を使う
  3. 育児家事を手伝ってもらえない

それぞれ詳しく説明します。

(1)家を空けることが多く、すれ違いの生活になりやすい

1つ目のパイロットと結婚するデメリットは家を空けることが多く、すれ違いの生活になりやすいことです。

パイロットは数日間家を開けることが多いだけではなく、勤務時間が不規則になります。

早朝からフライトすることもあれば、夜遅くに出発することもあります。

そのため生活リズムが合わず、すれ違いの生活になることは避けられません。

さらに、フライト中だとすぐに帰宅することもできません。

なので、子供の怪我など何か突然のアクシデントが起きても、夫のサポートを受けることは難しいかもしれません。

(2)健康管理に気を使う

2つ目のパイロットと結婚するデメリットは健康管理に気を使うことです。

パイロットにとって健康管理はとても重要です。

乗客の命を預かり、安全に空港まで送り届けることが仕事なので、体調を崩すことは許されません。

パイロットには年に2度の身体検査があり、それに合格しないと飛行機の操縦ができません。

健康状態によっては陸上勤務になり、収入が大きく下がります。

ですからパイロットの妻になると、常に夫の健康管理に気を配らなければなりません。

運動・体力作りのサポートやバランスの良い健康的な食事など気にかけることは多くあります。

もともと健康意識が高い人ならそこまで負担にはならないでしょうが、あまり健康を意識していない人には少々大変かもしれません。

(3)育児家事を手伝ってもらえない

3つ目のパイロットと結婚するデメリットは育児家事を手伝ってもらえないことです。

先ほど説明した通り、パイロットは不規則な仕事で、家を開けることが多いです。

数日間家を開けることはザラにありますので、その間はあなた一人で家のことをしなければなりません。

子供が産まれてもそれは同じです。

育休を取る男性が増えてきているとはいえ、いまだに育休を取る男性は少ないです。

ANAの場合、現在、男性の育休取得率は8%程度です。男性の育休を推進し始めた時は5%程度だったので、その頃に比べれば浸透してきたと言えるでしょう。

子供が小さいうちは「ワンオペ育児」を余儀なくされることを覚悟しておきましょう。

まとめ:素敵なパイロットと結婚して夢のような生活を!

ここまでパイロットと出会える方法3選と、パイロットが望む女性像、結婚するメリット・デメリットを紹介しました。

パイロットと結婚するのは険しい道かもしれません。

しかし、この険しい道を乗り越えた先には夢のような生活が待っているはずです。

マナ

あなたが素敵なパイロットと出会って幸せになれるように応援しています!