既婚者がセフレを作る理由!不倫との違い・体だけの関係は不倫になるのか徹底解説

このページでは、既婚者がセフレを作る理由をご紹介します!

セフレがほしい既婚者と既婚者とセフレになりたい人のために、不倫とセフレの違い、セフレは不倫になるのか徹底解説するので、ぜひ最後までお付き合いください。

既婚者にとってセフレと不倫相手の違い
  1. セフレは体だけの関係/不倫は心の繋がりもある
  2. セフレはセックスだけ/不倫はデートもする
  3. セフレは最低限の連絡/不倫は頻繁に連絡する
  4. セフレはすぐに切れる/不倫は簡単に切れない
既婚者がセフレを作りたい理由
  1. 妻に女として魅力を感じなくなった
  2. 退屈な日常に刺激が欲しい
  3. 癒やしが足りていない
  4. 他の女性に興味が湧いた
  5. 妻では試せないプレイをしたい
既婚者がセフレにしたい女性の特徴
  1. 年齢が若い女性
  2. 綺麗な女性
  3. スタイルが良い女性
  4. 貞操観念が低い女性
  5. 面倒見の良い女性
既婚者でセフレがいる人の実態
  1. 30代既婚者のセフレ事情
  2. 40代既婚者のセフレ事情
セフレ・不倫の見分け方
  1. 連絡の頻度
  2. イベントを一緒に祝ってくれるか
  3. 優しくしてくれるか
  4. セックス以外も楽しめるか
セフレ以上になれる?既婚者の本気度をチェック
  1. 将来の話をしてくれるか
  2. デートに連れてってくれるか
  3. 愛情表現の頻度が多いか
  4. キスが多いか
  5. セックスが激しいか
既婚者がセフレを作る方法
  1. 出会い系アプリ・サイト
  2. SNS
  3. 居酒屋・バー
  4. 既婚者合コン
既婚者がセフレを作る注意点
  1. 連絡しすぎない
  2. 相手を詮索しない
  3. 避妊する
  4. 本気にならない

このページを読めば既婚者のセフレ事情が分かりますよ。

この記事の内容

既婚者にとってセフレと不倫相手の違いとは?

既婚者にとってセフレと不倫相手の違いは以下の通りです。

既婚者にとってセフレと不倫相手の違い
  1. セフレは体だけの関係/不倫は心の繋がりもある
  2. セフレはセックスだけ/不倫はデートもする
  3. セフレは最低限の連絡/不倫は頻繁に連絡する
  4. セフレはすぐに切れる/不倫は簡単に切れない

セフレも不倫もどちらも体の関係なので同じだと思われるかもしれません。しかし、既婚者にとってセフレと不倫は全く異なる存在ですよ。それぞれ詳しく説明していきます。

(1)セフレは体だけの関係/不倫は心の繋がりもある

既婚者にとって、セフレは体だけの関係です。名前の通りセフレにはセックスだけを求めています。奥さんでは解消できな性欲処理、特殊な性癖を見せれる相手としてセフレを求めています。恋愛感情はありません。

一方で不倫は、相手にある程度の好意があります。不倫相手には、奥さんとのストレスを癒してくれる存在として、セックスだけでなく精神的な繋がりも求めています。

セフレと不倫の違いは、体だけの関係か、恋愛感情があるかどうかで決まりますよ。

(2)セフレはセックスだけ/不倫はデートもする

既婚者にとって、セフレはセックスだけをする関係です。お互いのプライベートには深入りしないので、食事デートすらせずにホテルでセックスするような関係性ですよ。

一方で不倫相手とはセックス以外の健全デートもします。相手ともっと親密な関係になりたいと思うので会話量も多いですよ。

セフレと不倫の違いは、セックス以外のコミュニケーションがあるかどうかで決まります。

(3)セフレは最低限の連絡/不倫は頻繁に連絡する

既婚者にとって、セフレはセックスだけの関係なので最低限の連絡しかしません。「今日会える?」「20時に〇〇ホテルで」など最低限の連絡のみですよ。

連絡の頻度・内容は気遣いの現れです。セフレはセックスだけの関係で、たとえ嫌われて関係が切れてもまた代わりの女性が現れます。したがって、セフレには気を使いませんよ。

逆に不倫相手には好かれたい、嫌われたくないと思うので、頻繁に連絡して、内容も濃いです。「君との時間が一番幸せ」「早く会いたい」のような甘い連絡もしていますよ。

(4)セフレはすぐに切れる/不倫は簡単に切れない

既婚者にとって、セフレはすぐに切れる関係性です。あくまで体の関係で代わりならいくらでもいるので、どちらかが関係を切りたいと思えばすぐに切れるのがセフレですよ。

一方、不倫は簡単に切れない関係性です。関係を終わらせようとしても、一方が嫌となればなかなか切れない関係です。相手の職場や住所まで知っていることもあり、修羅場になることもあります。

セフレと不倫の違いは、終わらせたいと思った時にすぐに関係を切れるかどうかで決まりますよ。

既婚者がセフレを作りたい理由

既婚者がセフレを作りたい理由は以下の通りです。

既婚者がセフレを作りたい理由
  1. 妻に女として魅力を感じなくなった
  2. 退屈な日常に刺激が欲しい
  3. 癒やしが足りていない
  4. 他の女性に興味が湧いた
  5. 妻では試せないプレイをしたい

なぞ不倫相手ではなくセフレを作りたいのか、その理由を詳しく説明していきます。

(1)妻に女として魅力を感じなくなった

既婚者がセフレを作りたい理由は妻に女として魅力を感じなくなったからです。いくら可愛いと思って結婚しても、毎日一緒にいて、ましてや子どもを産んで母親になると女性として見れなくなってしまうのが男性の本音です。「女性」という存在から「家族」という存在に変わってしまいます。

妻は愛しているがセックスはしたくない、しかし性欲はあるという時に男性はセフレを作りたいと思いますよ。

(2)退屈な日常に刺激が欲しい

既婚者がセフレを作りたい理由は退屈な日常に刺激が欲しいからです。毎日帰ると必ず妻がいて一緒に過ごす、という変わらない毎日が続くと、つい独身時代の記憶が蘇ってしまいます。

男性には狩猟本能があり、女性とセックスするまでの駆け引きがたまらなく楽しいです。狩猟本能を刺激する女性に会った時、セフレにしたいという欲求が湧きますよ。

(3)癒やしが足りていない

既婚者がセフレを作りたい理由は癒やしが足りていないからです。癒し=セックスという考えの男性は多いです。育児・家事・仕事の両立で疲れた妻にセックスを断られると、他の女性に癒し(=セックス)を求めるようになりますよ。

また、結婚して豹変する女性も多いです。家で邪険にされることにうんざりして、既婚者は妻以外の女性とのセックスで癒されたいと思いますよ。

(4)他の女性に興味が湧いた

既婚者がセフレを作りたい理由は他の女性に興味が湧いたからです。顔・スタイルがどタイプだったり、落ち込んだ時に優しくされたりした時に、男性は好奇心を刺激されてセフレにしたいと思いますよ。

女性の魅力に惹かれるがまま勢いでセックスして、そのままセフレになるパターンが多いです。特に、結婚前から魅力的な女性に惹かれがちな浮気性な男性に多いですよ。

(5)妻では試せないプレイをしたい

既婚者がセフレを作りたい理由は妻では試せないプレイをしたいからです。コスプレやオモチャなど、特殊なプレイをしたいけど妻にはお願いしづらいと思っている男性は多いです。そもそも、家族になった妻とはセックスしたくないと思う男性もいます。

特殊なプレイをしたい男性にとって、なんでも要望を聞いてくれるセフレは便利な存在ですよ。

既婚者がセフレにしたい女性の特徴

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は以下の通りです。

既婚者がセフレにしたい女性の特徴
  1. 年齢が若い女性
  2. 綺麗な女性
  3. スタイルが良い女性
  4. 貞操観念が低い女性
  5. 面倒見の良い女性

既婚者のセフレになりたい女性は参考にしていてくださいね。

(1)年齢が若い女性

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は、年齢が若い女性です。女性は年齢と共に肌のハリやいい匂いが失われていきます。20代前半の女性は肌にハリがあり、奥さんにはない魅力を感じてセックスしたいと思いますよ。

しかも、20代前半であればまだ結婚を考える年齢ではないのでセフレにしやすそうと思われます。したがって、20代前半の女性は既婚男性からモテます。

(2)綺麗な女性

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は、綺麗な女性です。どうせセックスするなら綺麗な女性がいいと思うのは当たり前です。男性は視覚で興奮する生き物ですよ。

また、美人とのセックスは非日常感があります。奥さんとの日常に飽きてしまった既婚者は美人をセフレにしたいという願望を持っていますよ。

(3)スタイルが良い女性

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は、スタイルが良い女性です。出産・妊娠で体型が崩れた妻と生活していると、スタイルがいい女性とセックスしたくなります。

また、モデルのようなスレンダーな女性、もしくはAV女優のようなグラマラスな女性とのセックスは非日常を味わえます。既婚者は非日常に飢えているのでスタイルがいい女性をセフレにしたいと思いますよ。

(4)貞操観念が低い女性

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は、貞操観念が低い女性です。既婚者だけでなく、貞操観念の低い女性はセフレ・浮気相手に最適だと考える男性が多いです。

また、誰とでも簡単にセックスする貞操観念が低い女性であれば、男性に深入りしません。奥さんが第一で別れたくない男性にとって、奥さんにバレる心配がないのでセフレにしたいと思われますよ。

(5)面倒見の良い女性

既婚者がセフレにしたい女性の特徴は、面倒見の良い女性です。一家の大黒柱でいなくてはならないプレッシャーで、奥さんに甘えられない男性は多いです。家庭では甘えられない分、面倒見が良い女性はセフレにして、甘えたい願望がありますよ。

特に、看護師・保育士は面倒見がいい印象があるので既婚者男性からモテます。

既婚者でセフレがいる人の実態

既婚者でセフレがいる人の実態をご紹介します。

既婚者でセフレがいる人の実態
  1. 30代既婚者のセフレ事情
  2. 40代既婚者のセフレ事情

30代と40代の既婚者男性に実際にアンケートしてみました。

(1)30代既婚者のセフレ事情

30代既婚者のセフレ事情として、30%の割合でセフレがいる、セフレがいたことがあることが分かりました。実際の声は以下の通りです。

男性/30代前半

結婚してすぐに妊娠したので妻とは完全にセックスレスでした。なのでセフレは常にいる状態です。妻も子どもも愛しているので性欲だけ解消できるセフレがちょうどいいですね。

やはり妊娠してセックスできなくなると、セフレを作りたいと思うようです。

(2)40代既婚者のセフレ事情

40代既婚者のセフレ事情として、55%の割合でセフレがいる、セフレがいたことがあることが分かりました。実際の声は以下の通りです。

男性/40代後半

お恥ずかしいのですが、50代になっても20代の頃の性欲が衰えず・・・。妻から「私はもうそんなにできないから感情なしなら外でやってもいい」と言われて妻公認でセフレがいます。この年になるとパパ活目的の若い女性が近づいてきて大変です。

奥さん公認でセフレがいるという方もいらっしゃいました。

セフレ・不倫の見分け方とは?

セフレ・不倫の見分け方は以下の通りです。

セフレ・不倫の見分け方
  1. 連絡の頻度
  2. イベントを一緒に祝ってくれるか
  3. 優しくしてくれるか
  4. セックス以外も楽しめるか

既婚者と体の関係にあり、自分はセフレなのか不倫なのかお悩みの女性は参考にしてみてくださいね。

(1)連絡の頻度

セフレ・不倫の見分け方は、連絡の頻度が高いかどうかです。連絡の頻度から相手への関心度の高さが分かります。セフレは体だけの関係なので不倫相手よりも関心度が低いです。したがって、連絡の頻度は低めですよ。

セフレだろうが、不倫だろうか、連絡の頻度が高いほど妻から疑われてしまいます。それでも不倫相手には嫌われたくないので、妻にバレないように頻繁に連絡をするでしょう。しかし、体の関係だけのセフレには「今日会える?」のような最低限の連絡しかしませんよ。

(2)イベントを一緒に祝ってくれるか

セフレ・不倫の見分け方は、イベントを一緒に祝ってくれるかです。既婚者は、クリスマスやバレンタインなどのイベントは妻と過ごします。一緒に過ごさないと不倫を疑われてしまいますからね。

それでも、不倫相手ならば日付をずらしたり、短い時間でも一緒にいようとしたりしてくれるでしょう。一方、セフレは優先度が低いのでイベント時には絶対に時間を作ってもらえません。むしろ何もない平日の夜に急に呼び出されますよ。

(3)優しくしてくれるか

セフレ・不倫の見分け方は、優しくしてくれるかです。既婚者にとって、セフレに好意を持たれるのはめんどくさいことです。したがって、セックス時ですら気遣いをしない男性もいますよ。

一方、不倫相手とは長く付き合いたいと思うので、セックス以外でも優しく扱ってくれます。男性の優しさは特に賢者タイムの時に分かります。真っ先にあなたの体を拭いてくれない、飲み物をくれないのような扱いを受けたら確実にセフレですよ。

(4)セックス以外も楽しめるか

セフレ・不倫の見分け方は、セックス以外も楽しめるかです。既婚者にとってホテル以外でデートをするのは危険行為です。妻や知り合いに目撃される可能性がありますからね。したげって、ホテル以外で一緒に過ごせない場合は確実にセフレですよ。

逆に、水族館やイルミネーションに行くなどのデートをセッティングしてくれる場合は、不倫相手として扱われている証拠です。

セフレ以上になれる?既婚者の本気度をチェック

既婚者の本気度をチェックする方法は以下の通りです。

セフレ以上になれる?既婚者の本気度をチェック
  1. 将来の話をしてくれるか
  2. デートに連れてってくれるか
  3. 愛情表現の頻度が多いか
  4. キスが多いか
  5. セックスが激しいか

既婚者のことを本気で好きになってしまうこともあると思います。そんな女性はこれから紹介する方法で既婚者の本気度をチェックしてみてくださいね。

(1)将来の話をしてくれるか

既婚者の本気度は、将来の話をしてくれるかでチェックしましょう。「◯年以内には離婚して一緒になりたい」「〇〇となら素敵な家庭を築けそうだね」のように将来の話をしてくれれば、セフレから不倫に進展する可能性が高いです。

既婚者はセフレに好意を抱かれたくないので、必要以上に自分の話を避けます。「奥さんとは仲良いの?」のように家庭の話を振ってみましょう。詳しく話してくれれば可能性がありますよ。

(2)デートに連れてってくれるか

既婚者の本気度は、デートに連れてってくれるかでチェックしましょう。セフレの場合、体にしか興味がないのでセックス以外のデートをしません。したがって、セックス以外のデートをしてくれる場合は、セフレから不倫に進展できる可能性が高いですよ。

「新しくオープンした〇〇が気になるんだけど一緒に行かない?」と打診してみましょう。OKしてもらえた場合は、あなたに好意をいだいていますよ。

(3)愛情表現の頻度が多いか

既婚者の本気度は、愛情表現の頻度が多いかでチェックしましょう。既婚者はセフレから好意を抱かれないように、セックス以外の愛情表現はしません。逆にあなたに好意を持っていれば、気を引くために愛情表現をしてくれるでしょう。

具体的には、キス・ハグ・手を繋ぐ・甘い言葉をかけるなどです。セックス時以外でしてくれた場合はあなたに好意を抱いている証拠ですよ。

(4)キスが多いか

既婚者の本気度は、キスが多いかでチェックしましょう。愛情はキスの多さではかれます。不倫相手として抱いている場合は、たくさんキスしてくれますよ。

ここで注意してほしいのが、セックス中のキスは対象外であることです。セックス中のキスは好意がなくてもできるので、セックス以外でキスをしてくれるかどうかチェックしましょう。

(5)セックスが激しいか

既婚者の本気度は、セックスが激しいかでチェックしましょう。男性が勝手に気持ち良くなってセックスが終わるようならセフレです。自分の性欲が解消されれば問題ないので、相手が満足しているかどうかは考えてくれませんよ。

しかし、不倫相手として好意を抱いていれば、前戯に時間をかけて、挿入時も相手の気持ちいところを突いてくれます。満足できるセックスをしてくれるかどうかチェックしましょう。

既婚者がセフレを作る方法

既婚者がセフレを作る方法は以下の通りです。

既婚者がセフレを作る方法
  1. 出会い系アプリ・サイト
  2. SNS
  3. 居酒屋・バー
  4. 既婚者合コン

一番簡単に出会える方法は、スマホ1つでいつでも出会いを探せる出会い系アプリ・サイトです。それぞれ詳しく説明していきます。

(1)出会い系アプリ・サイト

既婚者がセフレを作る方法は、出会い系アプリ・サイトです。出会い系アプリのメリットは、通勤時間や寝る前などの隙間時間にスマホ1つで出会いを探せることです。奥さんの目の前で使わなければ、バレる心配もありませんよ。

最も、おすすめのアプリはPCMAXです。2002年から運営を開始したPCMAXは、長年の宣伝・広告活動によって「遊び目的といえばPCMAX」というイメージを確立させました。そのため、恋活・婚活目的というよりは、遊びたい・ワンナイトしたいという女性を集客することに成功しています。安全対策もバッチリで今まで問題になったことはないので、安心してセフレを探せますよ。


参考
セフレを作れるマッチングアプリ・出会い系アプリおすすめ人気ランキング10選!ラブフィード


参考
既婚者向けのマッチングアプリおすすめ11選!ラブフィード

(2)SNS

既婚者がセフレを作る方法は、SNSです。奥さんにスマホを見られる可能性があり、出会い系アプリに抵抗がある方はSNSがおすすめです。Twitterで裏垢を作り、セフレを募集している男女はたくさんいますよ。

しかし、SNSは出会い系アプリのように本人確認がありません。18歳未満と会ってしまったり、業者に騙されたりする危険性があります。信頼できると確信できた場合だけ、実際に会うようにしてくださいね。

(3)居酒屋・バー

既婚者がセフレを作る方法は、居酒屋・バーです。客単価が高いお店には、既婚者と出会いたい女性とセフレを作りたい既婚者が集まります。お酒の勢いで仲良くなりやすいので、お酒好きな人は居酒屋やバーに行くのがおすすめです。

しかし、居酒屋・バーは自分からナンパする必要があります。コミュ力に自信がない人は出会い系アプリで出会うのがおすすめですよ。

(4)既婚者合コン

既婚者がセフレを作る方法は、既婚者合コンです。合コンを頻繁に開催してくれる友達を作ると定期的に誘ってもらえますよ。しかも、出会いへの意欲が高い男女が集まるので体の関係になりやすいです。

しかし、セフレを求めている人と、真剣な付き合いを求めている人の区別が難しいのがデメリットです。みんなの前で「セフレがほしい」とは言えないので、純粋なフリをするしかありませんからね。セフレにしたかったのに、本気になられて修羅場にならないように注意しましょう。

既婚者がセフレを作る注意点

既婚者がセフレを作る注意点は以下の通りです。

既婚者がセフレを作る注意点
  1. 連絡しすぎない
  2. 相手を詮索しない
  3. 避妊する
  4. 本気にならない

セフレの扱いを間違えると、本気になられて奥さんや職場にバラされるなど、修羅場になる危険性があります。好意を抱かれないように、セフレとして扱うように注意しましょう。それぞれ詳しく説明していきます。

(1)連絡しすぎない

既婚者がセフレを作る注意点は、連絡しすぎないことです。女性は頻繁に連絡が来ると、好意を抱かれている気がして、どんどん好きになってしまうので注意しましょう。

いつ会えるか、どこで会うかの最低限の連絡だけにしてくださいね。しかも、連絡の頻度を多くしてスマホを見る時間が増えると、奥さんに怪しまれてしまいますよ。

(2)相手を詮索しない

既婚者がセフレを作る注意点は、相手を詮索しないことです。自分に興味を持ってくれる相手に対して、人は好意を抱きがちです。セフレのプライベートを詮索すると、好意を持ってくれたのかな?と勘違いされるので注意しましょう。

また、自分のプライベートな質問をされた時も答えないのがおすすめです。打ち解けられたと勘違いしてセフレが本気になる危険性がありますよ。あくまで体だけの関係だということを忘れないでくださいね。

(3)避妊する

既婚者がセフレを作る注意点は、避妊することです。セフレが妊娠してしまうと、結婚を要求されたり、お金を要求されたりします。奥さんにバラされる危険性もあるのでコンドームはしっかりつけましょう。

しかも、コンドームをつけないと性病を移される可能性もあります。自分だけでなく、奥さんに移るかもしれません。セフレがピルを飲んでいたとしても必ずコンドームはつけてくださいね。

(4)本気にならない

既婚者がセフレを作る注意点は、本気にならないことです。既婚者の方が本気になってしまうと、女性も喜ぶでしょう。しかし、本気で離婚する気がないなら注意が必要です。既婚者の言葉を信じた女性が暴走して、修羅場になってしまいますよ。

セフレを作る場合は、感情が入らないように注意してくださいね。

まとめ:既婚者とセフレになるのは不倫なので、リスクを考えよう

不倫とセフレの違い、セフレは不倫になるのか徹底解説しました!

セフレを作るのは簡単ですが、セフレ=不倫と考える人も多いので注意は必要ですよ。誰にもバレないように、出会い系アプリでセフレを探してくださいね。

既婚者にとってセフレと不倫相手の違い
  1. セフレは体だけの関係/不倫は心の繋がりもある
  2. セフレはセックスだけ/不倫はデートもする
  3. セフレは最低限の連絡/不倫は頻繁に連絡する
  4. セフレはすぐに切れる/不倫は簡単に切れない
既婚者がセフレを作りたい理由
  1. 妻に女として魅力を感じなくなった
  2. 退屈な日常に刺激が欲しい
  3. 癒やしが足りていない
  4. 他の女性に興味が湧いた
  5. 妻では試せないプレイをしたい
既婚者がセフレにしたい女性の特徴
  1. 年齢が若い女性
  2. 綺麗な女性
  3. スタイルが良い女性
  4. 貞操観念が低い女性
  5. 面倒見の良い女性
既婚者でセフレがいる人の実態
  1. 30代既婚者のセフレ事情
  2. 40代既婚者のセフレ事情
セフレ・不倫の見分け方
  1. 連絡の頻度
  2. イベントを一緒に祝ってくれるか
  3. 優しくしてくれるか
  4. セックス以外も楽しめるか
セフレ以上になれる?既婚者の本気度をチェック
  1. 将来の話をしてくれるか
  2. デートに連れてってくれるか
  3. 愛情表現の頻度が多いか
  4. キスが多いか
  5. セックスが激しいか
既婚者がセフレを作る方法
  1. 出会い系アプリ・サイト
  2. SNS
  3. 居酒屋・バー
  4. 既婚者合コン
既婚者がセフレを作る注意点
  1. 連絡しすぎない
  2. 相手を詮索しない
  3. 避妊する
  4. 本気にならない